C/C++レベルでのJasper Formal Verification

AI/ML、グラフィックス、画像処理、暗号化など、使用するアルゴリズムがキーとなり、かつそこで取り扱うデータ流量の多いアプリケーションの開発に伴い、C、C++、SystemC®で書かれた複雑なアルゴリズムの使用が拡大しています。Cadence®Jasper™ C Appsは、デザインの実装がC/C++の仕様に完全にマッチしているかどうかを検証することができます。

C/C++からRTL等価検証向けJasper C2RTL App

RTLデザインがC++で記述されたアルゴリズムをあらゆる状況で正しく実装していることを確認することは、従来の検証では困難でした。データパスの検証では、Jasper SEC Appで提供しているような順序回路の等価性比較が有効な手法です。Jasper C2RTL Appは、パイプライン化されたデータパスをC/C++アルゴリズムの仕様と比較して検証することができるように拡張・最適化されたソリューションです。

  • 汎用フォーマルエンジンと比較して100倍の性能向上
  • ANSI C++ 17を含む最新のC++規格をサポートし、人手での再コーディングを削減します。
  • C++とRTLをコードレベルで直接比較し、root-cause解析を行うことができます。