通信/レーダーシステム

Cadence® AWR® Visual System Simulator™ (VSS) RF/無線通信 およびレーダーシステムの設計ソフトウェアは、エンドツーエンドの時間領域および回路エンベロープ解析に加えて、リンクバジェットおよびスプリアスの原因 分析を提供します。AWR VSSソフトウェアを使用すると、無線設計チームは、動作、インピーダンスを考慮するRFモデルおよびベースバンド信号処理ブロック を適用して、システムアーキテクチャ を開発および最適化し、部品の仕様 を決定して、全体的な性能を最大限に高めます。ユーザーは、スプリアス成分やその他のシステム障害の原因を特定するだけでなく、事前構成およびユーザー定義の 仮想テストベンチを使用して、隣接チャネル電力比(ACPR)、ビットエラーレート(BER)、エラーベクトルマグニチュード(EVM)などの システム性能を解析できます。

The AWR VSS Advantage

高速

迅速なアーキテクチャ設計、バジェットおよびスプリアス分析、および部品仕様のためのインピーダンスを考慮した動作モデリング

スマート

正確な部品レベルの設計をRFからベースバンドへの通信システム開発に組み込むための回路と電磁界(EM)の協調解析

検証

仮想テストベンチは、一般的な無線通信規格用に事前構成された変調信号源と測定を提供します

Features at a Glance

  • 動作モデル – 部品の電圧定在波比(VSWR)がシステムのリンクバジェットおよびその他の性能項目に与える影響を組み込みます

  • サーキットエンベロープ –  EVM、BER、およびACPR解析を含むデジタル変調RF回路の 分析

  • 計画/分析ツール – バジェット分析は、カスケードRF測定、周波数プランナ(オプション)、およびスプリアスの原因分析を提供します 

  • 協調解析 – Cadence® AWR® Microwave Office® 回路設計ソフトウェア
     
  • フェーズドアレー設計 – ビームステアリング/MIMO(Multiple-in-Multiple-Out)アンテナアレイと給電構造をアンテナ解析から直接構成および最適化する

  • テストベンチ – 5G、LTE、狭帯域のモノのインターネット(NB-IoT)などの無線規格
  • ライブラリ –レーダーおよび5G信号(オプション)と波形(テストベンチを含む)