FastSPICE Simulation

今日の複雑なメモリやSoCの設計では、意図した通りに機能し、チップの仕様を満たすために、高精度で高速なシミュレーションが必要とされています。チップの機能に対するレイアウトの影響を考慮するために、特に先端ノード設計においては、ポストレイアウトの寄生成分をチップの検証プロセスに含めることが不可欠です。Cadence® Spectre® FX Simulatorは、独自に開発したFastSPICEエンジンを活用し、フルチップおよびサブシステムレベルの設計において、性能と精度の向上を実現します。

主要な利点

パフォーマンスの向上

最新のFastSPICEシミュレータと比較して最大3倍の高速化を実現しながら、同等以上の精度と大容量を実現

スケーラビリティ

最大32コアのマルチスレッディングによる過渡シミュレーションの並列化で生産性を向上

簡単な操作性

直感的なユースモデルで、最小限のチューニングで最適な精度と性能のバランスを実現

採用のしやすさ

Cadence Virtuoso® ADE Product Suiteとのシームレスな統合により、SpectreおよびSPICEフローへの導入が容易に

充実した検証機能

豊富な検証機能と包括的な解析

Features

  • 包括的な解析と検証機能 –スタティックおよびダイナミック回路チェック、Alter、スイープ、モンテカルロ解析により、機能、タイミング、パワーチェックにとどまらず、検証の範囲を拡大
  • 使いやすいプリセット –使いやすい4つのプリセットにより、エンジン内部に手を加えることなく、性能、キャパシティ、精度のトレードオフを素早く設定可能
  • ポストレイアウトシミュレーション –大規模かつ高度なRCリダクションにより、DSPF、SPEF、および抽出されたSPICEフォーマットで数千万のRC寄生を処理し、直接インクルードすることと寄生のバックアノテーションの両方の機能を提供
  • デバッグ機能 – 設計上の問題点を迅速かつ効果的に発見し修正するためのデバッグ機能。ランタイム・デバッグ用Tclインタラクティブ・モードや、計算時間を節約するためのセーブ・リストア機能を提供
  • Spectreフレームワーク上に構築 –世界のファウンドリが認定したすべてのデバイスモデルを容易に使用し、Spectre Simulation Platformの他のソルバーとの連続性を提供

ブログ