Key Benefits

ケイデンスは、自動車部品、サブシステム、およびシステム全体の設計と検証に関し、長年にわたるお客様との密接な協力関係を通して蓄積してきた深い知識と経験を持っています。

ADAS SoCの最適化


効率的なエッジコンピューティングの活用により、データのリアルタイムなセンシングと低レーテンシな処理を実現

次世代のインフォテイメント


オーディオ、ボイス、スピーチ分野において業界最大のソフトウェア・パートナー・エコシステムを展開しています

高度に統合されたECU


新しいクラスのオートモーティブ向けSoCにより新たなECUアーキテクチャを実現

機能安全ソリューション


安全性が極めて重要な自動車システムに対してISO 26262準拠の設計、検証、ドキュメント化を実現

ケイデンスのソリューション

設計サイクルの早い段階で品質、安全性、およびセキュリティの基準を満たしていることを確認するための包括的な設計アプローチ

概要

先進運転支援システム(ADAS)において使用される電子機器の数は、自動運転や高解像度デジタルマップなどの新しいサービスによって増大しています。 すべてのセンサーデータを処理し、それらを融合するには、さらに進化したクラスの高性能なシステムオンチップ(SoC)が必要です。 ADAS SoCによって車両は周囲を「認識」することができるようになりますが、それを達成するためにはチップの面積、消費電力、パフォーマンスがますます重要になります。 高性能なADAS SoCの開発においては、高いビデオ/画像解像度やメモリ帯域幅に対応する大量なデータの高速な転送、低消費電力化、および安全性アーキテクチャなどの課題に対応するために、マシンラーニング、高い演算性能、広いネットワーク帯域幅が必要になります。TensilicaプロセッサIPは、高性能で低電力なスマートセンサーを実現する車載カメラ、レーダー、およびライダーセンサーのエッジ側でのリアルタイムなデータ処理をサポートします。

Read Brochure Learn More

概要

インフォテイメント機能は新車の購入決定を左右するため、操作性の大幅な改善に早急に取り組む必要があります。ネットとつながったデジタルライフスタイルが車でも実現されることが期待されており、インフォテイメントシステムはスマートフォンのように直感的に扱えるものになっていきます。さらに、インフォテイメントシステムの設計は、革新的な機能に対する消費者の需要に伴い、複雑化を遂げています。

Tensilica®HiFi DSPは、オーディオ/ボイス/スピーチ処理、ボイス認識、DAB(Digital Audio Broadcast)ラジオ、オーディオのHi-Fi再生とサウンドの明瞭化、アクティブノイズキャンセレーション、エンジンサウンドデザイン、USB、Wi-Fi、Bluetooth、LTE、Car2X接続などを可能にします 。

Read Brochure Learn More

概要

高性能な車載ネットワーク(IVN: in-vehicle networking)を実現するには、センサー、ADASシステム、およびECU間の高速通信リンクの設計・検証が大変重要です。 Cadence®の設計IPおよび検証IPは、10 Mbps〜10 Gbpsに対応するマルチスピードイーサネットやTime Sensitive Networking(TSN)をサポートしています。また、 Cadence Sigrity™テクノロジーにより、PCBのシグナルインテグリティおよびパワーインテグリティの解析、およびケーブル、コネクタ、ECUを含むイーサネットチャネルシミュレーションが可能になります。

Read Brochure Learn More

概要

自動車の開発においては、電子設計および信号再生の忠実度(signal fidelity)は常に困難な課題でした。また、先端ECUの開発においては、電子装置制御の複雑化、通信データ量の増加、複数ECUの同時制御などによって、設計、統合、検証がますます深刻な問題になっています。ケイデンスは、プリント基板(PCB)、システム・イン・パッケージ(SiP)、システムLSI(SoC)にわたるすべての開発に対して設計ツールを提供し、一貫した統合環境によってECUの設計と解析を可能にします。また、ケイデンスのシステム解析ツールにより、ミックスシグナル・サブシステムの開発とICの統合、PCBとパッケージの設計、アナログ信頼性解析、熱/ EMI / EMCの解析および最適化が可能になります。

Learn More

概要

最新標準規格に関するアップデートからすべての関連データの管理に至るまで、機能安全要件に関する順守には時間と手間がかかります。IP、system-on-chip(SoC)、システムの設計においてフォールト・インジェクションおよび結果解析を自動化することにより、ケイデンスはこの工程を大きく改善します。

ケイデンスは、安全性重視の自動車システムの開発に向けてISO 26262に準拠した設計、検証、ドキュメント化を可能にするために、セーフティに関するプランニング、セーフティメカニズムの挿入、自動故障注入、セーフティ検証、故障デバッグ、トラッキングなど主要なタスクに対処する自動機能安全ソリューションを提供します。

Read White Paper Learn More

Overview

Driven by consumer requirements and automated driving, the complexity of infotainment and advanced driver assistance system (ADAS) SoCs is continuously increasing. It’s no surprise that these chips must take advantage of the most advanced process technologies that are qualified for automotive.

As the automotive supply chain is trying to reduce electronic control unit (ECU) count and network costs, there is also a need for even greater levels of ECU integration, particularly through SiP and SoC fabrics. For many, this can also mean adoption of advanced SoC process nodes, which bring a new set of challenges for the automotive SoC designer.

Cadence IC and packaging solutions provide automotive designers complete, integrated, and silicon-proven design flows for custom/analog, digital, and mixed-signal SoCs to meet the demanding automotive standards for quality, reliability, and safety.

Learn More