Automotive Solutions

Making cars safe, secure, and reliable

Key Benefits

Cadence has a depth of knowledge and experience through years of working closely with customers to meet the challenges of designing and verifying automotive components, subsystems, and entire systems.

Optimized ADAS SoCs

Enable real-time data sensing and processing by leveraging efficient edge computing

Next-Generation Infotainment

Leverage the largest software partner ecosystem in the industry for audio, voice, and speech

Highly Integrated ECUs

Enable new ECU architectures with a new class of automotive SoCs

Address Functional Safety

Achieve ISO 26262-compliant design, verification, and documentation of safety-critical automotive systems

Learn More

ケイデンスのソリューション

全体的な設計アプローチにより、設計サイクルの早い段階で車両が品質、安全性、およびセキュリティの基準を満たしていることが保証されます。

 

 

概要

自動車の技術革新と価値はエレクトロニクスとソフトウェアに向かっている。自動運転のレベルアップに伴い、先進運転支援システム(ADAS)の数も増えています。顧客の要求に合わせた差別化された製品を生み出すには、最新の半導体技術をベースにした高度に統合された拡張性の高いシステムが鍵となります。ADASシステム・オン・チップ(SoC)は、車両が周囲の状況を「認識」することを可能にしますが、チップ面積、消費電力、性能の面でコストがかかります。Tensilica®プロセッサIPは、高性能で低消費電力のスマートセンサを実現する車載カメラ、レーダ、ライダセンサのエッジでのリアルタイムデータ処理をサポートします。Cadence® Design IPは、ADAS SoCの様々な標準的な高速通信およびメモリ・インターフェースを介して、高解像度のビデオ、画像、センサー・データを低レイテンシ、高帯域幅で伝送することを保証します。

READ BROCHURE LEARN MORE

Infotainment

インフォテイメント機能は新車の購入決定を左右するため、操作性の大幅な改善に早急に取り組む必要があります。ネットとつながったデジタルライフスタイルが車でも実現されることが期待されており、インフォテイメントシステムやデジタルコックピットはスマートフォンのように直感的に扱えるものになっていきます。そのため、インフォテインメントシステムの設計は、複雑さやスケジュールの厳しさ、消費者のペースに合わせた革新的な機能の要求により、より困難になってきています。Cadence® Tensilica® HiFi DSPは、オーディオ/音声/音声処理、AIベースの音声認識、DABラジオ、オーディオ・ハイファイ再生とサウンド・エンハンスメント、アクティブ・ノイズ・キャンセレーション、エンジン・サウンド・デザインなどの幅広い高度な機能を可能にします。また、テンシリカのDSPを使用することで、Wi-Fi、Bluetooth、5G、LTE、DSRC、Cellular-V2X、Car2X接続など、幅広いワイヤレス通信インターフェースを実現することができます。

READ BROCHURE LEARN MORE

Automotive Ethernet

センサー、先進運転支援システム(ADAS)ADASシステム、その他の電子制御ユニット(ECU)ECU間の高速通信リンクの設計と検証は、高性能な車載ネットワーキング(IVN)を実現するために非常に重要です。ケイデンスの設計検証用IPは、最新のTSN(Time Sensitive Networking)規格を含む、10Mbpsから10Gbpsまでのマルチスピードイーサネットの速度グレードをサポートしています。Cadence Sigrity™テクノロジーは、PCBのシグナルインテグリティとパワーインテグリティの解析、PHY、ケーブル、コネクタ、ECUを含むイーサネットチャネルのシミュレーションを可能にします。ケイデンスのIPは、高価なテスト機器や測定機器を必要とせずに、100Base-T1や1000Base-T1 PHYを対象としたシミュレーションベースの車載用イーサネット・コンプライアンス・チェックを実行することができます。

READ BROCHURE LEARN MORE

Electronic Control Unit Module Design

自動車は、電子設計と信号忠実度にとって常に厳しい環境でした。現在では、電子制御システムの複雑化、計算性能の向上、データレートの上昇、自動車1台あたりの電子制御ユニット(ECU)の数の減少などにより、最新のECUの設計、統合、検証に大きな課題が生じています。ケイデンスは、PCB、SiP(System-in-Package)、SoC(System-on-Chip)のすべてのファブリックに対応した設計ツールを提供しており、一貫性のある統合されたECU設計と解析を可能にします。Cadence® PCB設計・解析ソリューションは、シミュレーション駆動型ソリューションを使用して、コンセプトから製造までの複雑な設計を簡素化しますケイデンスのシステム解析ソリューションは、高精度の電磁界、熱、RFシミュレーション解析を可能にし、幅広い動作条件でシステムが動作することを保証します。

LEARN MORE

Functional Safety

最新規格の常時把握からすべての関連データの管理まで、機能安全要件の順守は時間と手間がかかるものです。ケイデンスは、知的財産(IP)、システムオンチップ(SoC)、システム設計の安全設計、検証、結果解析、文書化を自動化することで、このプロセスを変革します。安全性が要求される自動車システムのISO 26262に準拠した設計と検証を可能にするために、ケイデンスは、安全計画、安全メカニズムの挿入、自動フォールト・インジェクション、安全検証、フォールト・デバッグ、トラッキング、安全を考慮したP&R、安全文書化などの主要なタスクに対応する自動化された機能安全ソリューションを提供しています。

READ WHITE PAPER LEARN MORE

Automotive SoC Design

消費者の要求と自動運転に後押しされ、Infotainmentと先進運転支援システム(ADAS)ADAS SoCの複雑さは継続的に増加しています。これらのチップが、aAutomotiveにふさわしい最先端のプロセス技術を活用しなければならないことは、奇跡的な驚きではありません。

オートモーティブのサプライチェーンでは、ECU(電子制御ユニット)の数やネットワークコストを削減しようとしていますが、特にSiPやSoCファブリックを通じたECU統合のニーズも高まっています。これは、多くの場合、先進的なSoCプロセスノードの採用を意味し、車載用SoC設計者に新たな課題をもたらします。

ケイデンスのICおよびpPackagingソリューションは、カスタム/アナログ、デジタル、ミックスドシグナルのSoC向けに、品質、信頼性、および安全性に関する厳しい車載規格を満たすための、完全な統合されたシリコン実証済みの設計フローを自動車設計者に提供します。

LEARN MORE

What's New