Computational Softwareとは

Computational softwareとは、デバイスの物理的特性を設計・解析するための演算アルゴリズムを実装したものです。電子設計自動化(EDA)産業は、チップ、パッケージ、およびボード設計をサポートする基幹技術Computational softwareの上に構築されています。

Computational softwareの継続的な技術革新により、複雑な電子機器のチップ、ボード、システムの設計が進歩し、よりスマートで、より小さく、より少ない電力でデバイスを構築することが可能になっています。

Computational Softwareの重要性

世界中の人々の生活に影響を与えている新しい5つのテクノロジー・ドライバー: 5G、人工知能/マシンラーニング(AI/ML)、ハイパースケールコンピューティング、産業用IoT (IIoT)、自動運転が今日のエレクトロニクス市場の成長を牽引しています。

Computational softwareの進歩は、数億ゲートチップの設計規模と複雑さに対処し、高速な有線および無線通信のための複雑なマルチフィジックス解析技術を提供することで、これらのトレンドに対応しています。

Computational Softwareにおけるケイデンスのリーダーシップ

Computational softwareのイノベーションは、3つの主要な分野において起こっています。1つ目は、マシンラーニング機能の導入に伴う完全に統合されたEDAツールフローです。2つ目は、分散コンピューティングとマルチコア演算の普及により、Computational softwareが最大限に活用できる環境が生まれているということです。

そして3つ目として、システムが複雑化するに従い、シリコン、パッケージ、PCB、コネクタに至るまでマルチフィジックス解析を行う必要があり、システムの性能要件を満たすための協調設計と同時最適化をサポートするために卓越したComputational software技術が必要になっているということです。